topimage

2015-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラとカイガラムシ  - 2015.07.30 Thu

我が家のバラは、ハニーキャラメルに付いていた小さなカイガラムシのかたまりから、たった9つのバラ全部に蔓延してしまった。
もう、バラはここでは増やせないと思いつつ、新苗は買っては実家に置いてきてしまっている(笑)

うだるような暑いベランダ
見ないふりをしていたハニーキャラメルのカイガラムシがこびりついた茎に、ふと水彩画で使うマスキングインクを塗ったらどうだと思った。
いや、勿体無い。
でも試しに…

歯ブラシで取るとふわふわ落ちるバラシロカイガラムシがマスキングインクにぴったり付いていい感じにとれた。
剥がすときにガムテープや割り箸を使ってべろーんと剥がす。
フッフッフッ
気持ちいいくらい
でも勿体無いよ
マスキングインクじゃ



木工用ボンドを水で薄めて見たらどう?という意見も有って、次はそうしてみようかと思う。

ちなみに、ガムテープもイケる事が分かった。

暑いのにちまちまベランダでやりたくない仕事だよね

みなさん、お身体お大事に。

スポンサーサイト

大人の服  - 2015.07.29 Wed

ソーイングの個人レッスンをやって下さるyttさんのアトリエで、ガウチョパンツを作ってきた

縫い代付きの型紙を借りてマチ針を打ってラインも引かず直接ハサミを入れた。

いやいや、チャコペンでライン取らないと不安…と思ったのだけど、合印は二枚重ねてちょこっとハサミでカットしておくので分かりやすいし、手間も省けて楽だ。


縫い始めてもちょっとしたコツはやっぱりプロに聞いてみるもんだなとつくづく思った。


ロックミシンも初めて使わせていただいた。
売り物みたいに綺麗に出来ると嬉しいものだ。
ロックミシン欲しいな…



生地は麻で、色味を抑えた山吹色
夏の空に似合いそうだ。



y-t-t
イト デザイン アンド クチュール
http://y-t-t.jp

小さな服  - 2015.07.24 Fri

去年、孫が産まれる事を知らされてから当然のように作らなければならないと思ってたベビー服。
いやいや、去年は体調が悪かったから全然はかどらなかったから準備はあまりできてなかったんだけど、肌着を少し縫った。



その後、孫と嫁が京都に行ってしまってからやっとまたミシンを出して復活した。


スリーパーと腹巻き


布がたくさんあったので帽子を作って、その後キャミソールとブルマ



帽子は割と簡単だったので、大きめのものをもう一つ

フリフリブルマも作った。女の子が産まれたら是非作ってあげたかったブルマ(≧∇≦)


離乳食が始まると、お食事エプロン。


もうじき9ヶ月。両手を差し出すと勢いをつけて両脚を踏ん張って立ち上がるのが楽しいらしい。

お姉さんになってきたからワンピースも作ってあげたよ


息子達が小さな頃は母が孫4人分の服を作ってくれた。こうして縫ってみるとなかなか楽しい。

庭友オフ会 オマケ 平山郁夫シルクロード美術館 恒久平和への願い  - 2015.07.13 Mon

オフ会が終わってもう3週間が経ってしまいました。
お庭のレポートが済んでやれやれでしたが、みんながロープウェイに乗って天空のお庭に行っている頃、私はイタリアンレストラン梅蔵さんまで迎えに来てくれた主人と息子と念願の『平山郁夫シルクロード美術館』に行ってきました。
平山郁夫氏は日本画家の中でも大好きで尊敬する方です。
広島に美術館があるのは知ってましたが長野に有るのは知りませんでした。
庭友の真理子さんに近くにも有るよと言われ、おっ!これは是非行かなくてはと主人にお願いして帰り道に寄ってもらいました。




展示室からなかなか私が出てこないので、主人が外の風景をカメラに収めてきてくれてました。

今回の企画展は、庭友オフ会前々日の6月26日から始まった
『シルクロード幻想-絲綢之路を行くキャラバン-』展

10月26日(月)までやってます。
※火曜日定休 7-9月は無休 6月30日(火)は開館。
国内の美術館個人蔵のシルクロード関連作品を集めての展示会でしたので、素晴らしいタイミングで代表作と会えました。

まずは、シルクロードの遺跡から発掘されたガンダーラ美術の石仏





作品制作活動の傍ら、バーミアンなどの石仏破壊の緊急アピールをを発表し、人類の文化遺産としての中東地域の戦禍が終わるまでこれらの石仏を保護することとしていた。
平山氏は日本人初のユネスコ親善大使やアフガニスタンの支援活動など多方面で活躍された。
ガンダーラ美術収蔵品










平山郁夫氏略歴
1930年6月15日、広島県瀬戸田町生まれる。
1952年に東京美術学校(現東京藝術大学)を卒業、藝大日本画助手となる。前田青邨氏に師事
1955年5月7日に東京美術学校の同期生松山美知子さんと結婚
1959年、第44回院展に「仏教伝来」を出品 入選し画壇デビュー。
1966年、 東京藝大第一次中世オリエント遺跡学術調査団に参加 これ以降生涯150回以上シルクロードの地を訪れる
1968年、38歳仏教伝来の源流を訪ねアフガニスタンから中央アジアを巡る
1970年、薬師寺高田好胤管長にあう。薬師寺の白鳳伽藍の再建復興に携わり、35年の歳月をかけ製作した玄奘三蔵の「大唐西域壁画」を2001年(平成13年)元日に奉納された。
第1場面 明けゆく長安大雁塔・中国

1973年、42歳東京芸術大学教授に就任
1974年、 44歳バチカン宮殿内現代宗教美術コレクションに、新作《古代東方伝教者》を寄贈。
ローマ法王パウロ六世に拝謁、聖グレゴリオ騎士銀褒章を贈られる
1975年、はじめて中国を訪問。
1978年、第63回院展に出品した《画禅院青邨先生還浄図》が内閣総理大臣賞を受賞。
1989(平成元)年、 全国7都市で「“シルクロードの心”平山郁夫展」開催。
東京芸術大学長に就任。
1997(平成9)年 故郷の広島県瀬戸田町に平山郁夫美術館が開館
2000(平成12)年、 69歳 12月31日、構想三十余年、実制作期間二十年に及ぶ大作《大唐西域壁画》(奈良薬師寺玄奘三蔵院壁画)が完成。

12月31日開眼供養法要にて最後の一筆を入れる

2001(平成13)年70歳、3月、タリバンによるバーミアン大仏の破壊について各国美術館に呼びかけ、抗議声明を発表。
春の院展に《バーミアン大石仏を偲ぶ》を急遽出品。
2005(平成17)年 75歳
1月、日本橋三越新館で「平成の洛中洛外 平山郁夫展」が開催される。
3月、パキスタン訪問。パキスタン政府より「国際文明理解と調和の大使」および「タキシラ名誉市民」の称号を受ける。
4月、東京国立博物館特任館長に就任。
12月、東京藝術大学長を退任。
2009年12月2日、79歳で永眠。

広島での被爆体験がきっかけとなり、「平和を祈る心」を仏教伝来の道シルクロードに重ね合わせ、昭和43年(1968年)以来「シルクロードシリーズ」を描き続ける。
(参考:平山郁夫と大いなるシルクロード、平山郁夫が語る薬師寺への道「大唐西域壁画」、平山郁夫美術館HP、佐川美術館HP)


桜蘭遺跡を行く・日      2005


パルミラ遺跡を行く・夜  2006



1991(平成3)年 61歳 パリのギメ国立東洋美術館で、『平山郁夫シルクロード展』開催。開会式の席上で仏コマンドール勲章を授与される。(終了後、ワシントンDC、北京、東京を巡回)

平山氏が昭和43年、アフガニスタンに初めて訪れた時「空気が澄み爽やかで」「初めて見る高原と砂漠の国、アフガニスタンの旅はとても印象深く、感動的なものとなった」と述べるほど平和な地だっとようです。
しかしその後、紛争が激化し今また新たな戦争が世界を相手に始まっている。
恒久平和を願ってやまなかった平山氏に思いを馳せる。

京都をテーマに京都御所と二条城それぞれが中心の2枚で構成される大作で、3年がかりで描いた『平成洛中洛外図』。
私は製作過程を記録したドキュメンタリー番組を見たことがあって、一度は見たいと思っていたので、思いがけなく出会うことが出来感激した。


平成洛中洛外図(右隻)


平成洛中洛外図(左隻)

その他 追悼 平山郁夫特別展示 「平山郁夫 最期の風景」という事で、最期の時を過ごした一室を設置して有った。
病室とアトリ エを往復する生活の中で、死の直前まで懸命に制作に取り組んでいたそう。
次回の春の院展の準備として病室で描いた窓越しのスケッチ、 アトリエに残された下図、日常の画材などを展示してある。
79歳で亡くなるまで原爆白血病と闘いながら製作に励み、世界平和を祈りつつ多忙な人生を全うされた数々の功績は、ひとことでは言い尽くせないものがあります。




感激そのままで長々と書いてきてしまいましたが、最後までごらん頂きありがとうございました。

美の巨人たち 流水間断無

平山郁夫氏の作品の常設展示されている美術館

平山郁夫シルクロード美術館  山梨県北杜市 平山郁夫シルクロード美術館 WEBサイトへ
佐川美術館 滋賀県守山市 平山郁夫館 WEBサイトへ
平山郁夫美術館 広島県尾道市 平山郁夫美術館 WEBサイトへ
平山郁夫美術館facebook
佐久市立近代美術館 長野県 佐久市 佐久市立近代美術館 WEBサイトへ
広島県立美術館 広島県 広島市 広島県立美術館 WEBサイトへ
箱根芦ノ湖・成川美術館 神奈川県 箱根町 成川美術館 WEBサイトへ
ポーラ美術館 神奈川県 箱根町 ポーラ美術館WEBサイトへ

オフ会5 恵泉蓼科ガーデン つどいの里八ヶ岳野草園  - 2015.07.07 Tue

今日は恵泉蓼科ガーデンの続きからです
いつまでもだらだらUPしていてすみません。
スマホカメラにどんだけ~撮ってきたのかって自分でもあきれちゃいますが、
そのくらい魅力満載のお庭めぐりだったのです

ハーブガーデンを抜けると、フォンテンガーデンに出ます。
ガーデンを作った当初ここには噴水を持ってくる予定だったが、諸事情により噴水は設置せずそのままになっているそう。
木々に覆われホスタが揺れていて緑だけの中にいると何故かホッとする。





後ろ姿もスレンダーで美しい小澤さんと、ローズガーデンに向かう。
30年前にこの恵泉ガーデンを創設した、百瀬和子さんの百瀬メモリアルガーデンなのだそう。



このバラはロサ ムルティフローラか?
花の名前を聞いたのに忘れてしまった。ノイバラとは仰っていなかったが日本名だった気がする。



ゲラニュウムとバラ(モーツァルト)もとても相性がいいと思った。



ゲラニュウムジョンソンズブルーかな・・・



シンボルツリーのシナノキ

蕾がいっぱい付いていて、丸い花を咲かせるといい香りがするという。
お茶に入れたりして楽しむのもいいらしい。
開花が待ち遠しい。






グラスボーダーガーデン

住居棟の軒の下を覆う
カラマグロス、ススキ、ペンニセツム、タカノハススキ、シマススキ、イトススキが植わっているそう。



研修棟の窓の前には修景バラが2株。

こんな風に清々とした空間に植えてみたいものだ。
このバラも修景バラとして生まれてきたことが嬉しいに違いない。



最後はロックガーデン

当初は粘着質の土を入れてあったが、山で見る姿との違いに気づき、掘り起こしミックスした砂利などに入れ替えたそう。元あった植物は環境の違いにびっくりしたようだが、2・3年後に土に馴染み山で見るロックガーデンに近い風景になったそう。
なんでもこのロックガーデンを潰そうとしてた学園内の方がいたそうですが、外国人のお客様に恵泉ガーデンならではの和と洋がいい塩梅に調和したロックガーデンがこのガーデンの中で一番素晴らしいと言われ思いとどまったそうです。


コマクサ


クモマグサ? グリーサムさんより、カリホー(ポピーマロウ)らしいです。

ありがとうございます~~
入り口で苗を販売している方が宝塚ガーデンフィールズを訪れたことがあるそうで、閉園してしまった事をご存じなく残念だと仰っていた。
この庭は30年の歳月を経て美しくなってきたのだ。
たかだか10年しかったっていなかったガーデンフィールズを閉園してしまった企業にまた憤りをおぼえる。
静寂と優しさに満ちた恵泉蓼科ガーデン、機会があったらまた訪れたい

恵泉蓼科ガーデンHP


次はつどいの里八ヶ岳野草園

苗などが売っているビニールハウスと小屋を背に、野草園に入る山の入り口が有ります。
私の今回のオフ会の旅はここが最後なので、ちよっとだけならと思って前を行く集団に混じって山に入って行きました。
いゃ~初っ端から急な坂でどんどん離されて喘ぎながら登りましたよ´д` ;


山アジサイがあちこち満開


待って~~(・Д・)ノ


タマガワホトトギス


ウバユリ?


コガネミズバショウ どれどれ?葉が一番大きいのです(笑)


ハナイカダ  エンレイソウ  ミューさんありがとうございます


サワヒヨドリ


実家にお土産という名目で買ったエキナセア ラズベリートラッフル 種が出来たら貰いに行こう~♪

つどいの里八ヶ岳野草園HP



家で開けてみたら11個も苗があったΣ(゚д゚lll)
ベランダーガンバリマス´д` ;

*太文字はそれぞれのリンクに繋がります*

ランチはUMEZOUで皆さんと美味しいピザやパスタを頂いて、私とtearoseさんご夫婦はここで皆さんとサヨウナラをしました。

とても楽しい植物三昧の2日間。

企画、旗持ちして下さったみーさんぽんさんに改めてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

恵泉蓼科ガーデンに声かけして下さった真理子さん、軽井沢のガーデンの企画案を出してくださったり関東組の細かな配車手配を考えてくださった、baruさんりえんぞうさん、haniwaさん、コテージで色々食べ物のお世話をして下さった皆さん。お土産をくださった皆さん、ありがとうございました。

大人の修学旅行みたいでしたが、またの機会が有りましたら参加させていただければと思います。
tearoseさんご夫婦、inabayaさんご夫婦、しろうさぎさん、くみさん、桃枝さん、グリーンサムさん、Amiちゃん、mitiさんミューさんクロはちさん、山口さん、福島さん、Umiちゃん020さん(順不同)お世話になりました。

と、まだまだ私の旅は続いてました(^ν^)

UMEZOUまで迎えに来てくれた主人と息子と帰りがてら、真理子さんに教えてもらった「平山郁夫シルクロード美術館」に寄ってきました。

そのお話は次回のオフ会のオマケで…( ´ ▽ ` )ノ

記事が長くなりました。最後まで読んでくださりありがとうございました。

庭友オフ会4 恵泉蓼科ガーデン  - 2015.07.05 Sun

オフ会2日目。
コテージ組の私達は、料理上手な皆さんが朝食におむすびやサラダを手際よく作って下さり、お腹も心も満足でスタートしました。
ごちそうさまでした(^ν^)

fc2blog_201507042147509d3.jpg

さて、コテージを後に恵泉蓼科ガーデンに向かいました。
備忘録のような写真ですが、多くなりそうなので2回に分けてUPしようと思います。

fc2blog_201507042150369fc.jpg

ガーデン長の小澤文子さんがガーデンについてのレクチャーをしてくださった。

『このガーデンは一つはこのガーデンの骨格でもある洗練された設計、もう一つは植物が人間に合わせているのではなく、人間が植物に合わせているということである。
蓼科ガーデンにおいてすべての主役は植物であるからではないだろうか。
ここではけっして新しい植物導入に力を入れているわけでも、最新式の道具が揃っているわけでもない。
そこにあった植物を生かし、そこにあった道具を使う。
ときには頂いた種から育てて苗を作ったり、近所の花仲達と苗を交換しながら少しずつ種類を増やすこともあるが、その季節その季節で必要なところに手を入れ、あとは自然の力に委ねるだけである。
そして見学者に合わせて咲いた花を植えるのではなく、それらの植物が美しく生長するに合わせて人に見に来てもらうのである。これが私の管理する蓼科ガーデンの志である』
(「蓼科ガーデンを通して恵泉の園芸に思う」小澤文子 より抜粋)

創設30周年をむかえた恵泉蓼科ガーデンは、ボーダーガーデン、ハーブガーデン、バラ園、ロックガーデン、樹木園など、テーマごとに分けられたタイプのイングリッシュガーデンだ。
まず見学したのは芝と宿根草の美しいボーダーガーデン
白、青、ピンク、黄色とカラー別に分かれている




fc2blog_20150704215536bfd.jpg

fc2blog_20150704215731f6c.jpg
はっきりしない天気との予報を覆した晴れ女、晴れ男がカメラを構えて激写しまくる

fc2blog_201507042159423b5.jpg

fc2blog_201507042201169e2.jpg
支柱は森の小枝。

fc2blog_20150704220218d47.jpg
花の名前が分からなかったのだけど、偶然ググっていたら見つけた!^^
リクニス・カルセドニカ ダスキーサーモン アメリカセンノウとか可愛いから欲しいなぁ

fc2blog_20150704220316a09.jpg
イエローボーダー

fc2blog_2015070422041595a.jpg
ここで買ったポテンティラ レクタ

fc2blog_20150704220507cff.jpg

fc2blog_20150704220558e59.jpg
ポテンティラ・メルトンファイアーかな?

fc2blog_20150704220647159.jpg


ハーブガーデン

刈り込みはドウダンツツジ 秋は真っ赤に染まる
ハーブの他にハマナスが咲いていた

fc2blog_20150704220738625.jpg

fc2blog_2015070422083013b.jpg

fc2blog_20150704220916689.jpg

fc2blog_201507042213585ee.jpg

恵泉蓼科ガーデンHP
恵泉ガーデンが長くなってしまうので、次回につづきます。

庭友 オフ会3 軽井沢千住博美術館・ グリーンマーケット - 2015.07.03 Fri

27日のオフ会3軒目のガーデンは軽井沢千住博美術館。

音楽家の弟さんと妹さんがいらっしゃる方で、ご存知の方も多いかと思います。
そのお兄様の千住博さんの代表作を真近に拝見できるということと、
お庭も素晴らしいとの事なのでとても楽しみにしてました。



fc2blog_20150702233411fa2.jpg
エコポディウムが樹木の下を覆う


実は、少し前に千住博さんのニューヨークでの制作風景を日曜美術館でやってました。
琳派に通じるものがあるのではないかということで登場しました。

美術館内には照明を落として水を張った部屋があり、その作品はまさに琳派を継承しているかのような迫力に満ちていました。
また番組では、蛍光塗料に最近興味があると仰っていましたが、その作品もありました。
少し予習してあったので、とても楽しく拝見でき感銘しました。

fc2blog_20150702233514d4b.jpg
今はヤマアジサイがホスタに包まれながら咲いている。


fc2blog_20150702233601cad.jpg
エントランスに向かう小道には色とりどりの葉を持つコニファが植えられていて、
すっかり雨が上がって青空になった空を見上げる。


fc2blog_2015070223364624b.jpg
何種類ものホスタが波のように葉をうねらせながら私たちを迎えてくれました。

庭も堪能させていただき、駐車場では車で参加されてた020さんがたくさん珍しい苗をお土産に持って来てくださり、
私も褐色のひまわり(ヘリアンサス ベルベットクイーン)、パプティシア チョコレートチップ、ボタンボウフウの3つをいただきました。
ありがとうございます。大切に育てさせて頂きます。

軽井沢千住博美術館HP

さて、次はいよいよグリーンマーケットさんへ、お買い物タイム~♪
見本庭のあるお花屋さんです。

020さんに苗を頂いたばかりなのに珍しい苗がいっぱいなので、どれもこれも欲しくなってしまいましたが、
まだこの辺りは自制心が効いていたのか、可愛くそれでも3つしか買いませんでした。。。

fc2blog_201507030009091bd.jpg
これを2つゲット(一年草なので種を取って野の花ガーデンで咲かせたい)


fc2blog_2015070300100316e.jpg
こっちは大きくなりそうなのでひとつ。


ひとしきり苗を見終わって、横にある見本庭に入って行きました。
蜂たちが花と戯れて楽しそうです。
グリーンマーケットさんでの私の興奮具合を物語る写真の数々(≧∇≦)

お花の名前が分からないのは調べていずれ書き足したい(希望)


fc2blog_20150702234857b5f.jpg
バーベナ・ハスタータ が可愛い


fc2blog_20150703001119010.jpg
ホルデュウムユバツムとクレマチス


fc2blog_2015070300121091e.jpg
もりもりのクレマチス


fc2blog_20150703001249062.jpg
クラウンベッチ! 残念なことにここには売っていなかったのですが。。。


fc2blog_201507030013354d7.jpg
お花屋さんの020さんが熱心に写真を撮られていたので、
どんなお花かと思ってミーハーになって私もカシャ
 アスクレピアス スペシオサ

fc2blog_201507030014234a9.jpg
シキンカラマツ 次の日に向かったつどいの里の山につぼみがあった。


fc2blog_20150703001455a6b.jpg
リシマキア ファイアークラッカー(ミューさんありがとうございます)

fc2blog_201507030015362ac.jpg
ポテンティラ レクタ ここで買うか買うまいか悩んだ苗。
 

fc2blog_2015070300162230f.jpg
クルシアネラ(ハナクルマバソウ)(haniwaさんありがとうございます)

fc2blog_2015070300170611b.jpg

fc2blog_20150703001758cfb.jpg
ミソハギ だよね?

fc2blog_20150703001851e9d.jpg
ホザキナナカマド セム(ミューさんありがとうございます)

fc2blog_201507030019411f1.jpg
母の好きなヤナギラン

fc2blog_20150703002029f84.jpg

fc2blog_20150703002243b21.jpg





グリーンマーケットさんHP

さて、1日目の行程も終わり、宿泊地アンビエント蓼科のコテージに向かいました。
コテージでは修学旅行並みの賑やかで楽しい夜を過ごしました。
ワインやお菓子、パウンドケーキ、マリネやお野菜を持ってきてくださった皆様ご馳走様でした。




庭友のみなさんが次々ブログにUPされています。

みーさん ぽんさん  ミューさん クロはちさん グリーンサムさん
 haniwaさん 020さん mitiさん



庭友オフ会 2 絵本の森美術館ピクチャレスクガーデン - 2015.07.02 Thu

軽井沢レイクガーデンを後に、
絵本の森美術館ピクチャレスクガーデンに向かいました。
同じ軽井沢町なので12分程で着きました。
ピクチャレスクガーデンはイギリス人造園家のポール・スミザーさんがデザインされたお庭で、
その土地の風土にあった植物を活かして造られています。


軽井沢絵本の森美術館 ピクチャレスクガーデンHP


fc2blog_20150701165515aec.jpg


fc2blog_20150701165625f09.jpg


fc2blog_2015070116571305d.jpg

イニュラ Inura magnifica


fc2blog_20150701165817b2e.jpg


fc2blog_20150701165905510.jpg


fc2blog_20150701165947bd4.jpg

チシオバシモツケソウ(フィリペンデュラ ルブラ)とHPに書いてあった。


fc2blog_201507011701124c2.jpg


fc2blog_20150701170155515.jpg




次は、車で5分ほど北東にある千住博美術館に向かいました。
ここもお庭が素晴らしかったです


庭友のブログ:みーさん ぽんさん ミューさん  サムさん クロはちさん haniwaさん 020さん


庭友 オフ会 1 * 軽井沢レイクガーデン* - 2015.07.01 Wed

みーさん、ぽんさんが企画してくださったオフ会に 6/27・28初めて参加させて頂きました。

今回はオフ会初の一泊旅行という事で、
軽井沢~八ヶ岳方面の高原のGarden巡りです。
みーさん、ぽんさん、参加されたみなさんお世話になりました\(^o^)/
梅雨どきという事もあり、当初雨模様の予報だったので濡れる事を想定してましたが、
どうだったでしょう(^ν^)

さて、私は東海道新幹線に乗り東京へ。
その後上越新幹線に乗り換え2時間10分ほどで軽井沢駅に12時少し前に到着。
やっぱり小雨がパラついた少し肌寒い気候。



駅前の喫茶店でランチを済ませ、庭友の皆さんと合流するレイクガーデンを目指すために、 福岡から来たご夫婦と、同じく福岡の◯島さんと一緒に13時発の循環バスに乗り込む。
軽井沢らしい洒落た別荘風景と白樺林を横切りながら10分、レイクガーデンに到着。
運賃は200円です

軽井沢レイクガーデンに到着する頃には雨も上がって、しっとり美しい庭がお出迎えしてくれました。


携帯の写真なので、画像が粗かったり色が飛んでしまってます イメージで見てくださいね

植物の名前もところどころしかなくてごめんなさい

fc2blog_20150629061528f96.jpg

門扉には、今が花盛りというかのようなバラとクレマチスがお出迎え


fc2blog_201506300519466f6.jpg

管理棟前の植栽もバラづくし


fc2blog_201506300522464d7.jpg

イングリッシュローズガーデン
160種600株とか


fc2blog_20150630052419fbb.jpg


fc2blog_2015063005255836c.jpg

ウッドランド内
宿根草と樹木のエリア


fc2blog_20150630052700d89.jpg

ラビリンスローズガーデン
宿根草とバラが楽しめる


fc2blog_20150630052810586.jpg

ウッドランド内の宿根草たち


fc2blog_20150630052859651.jpg


fc2blog_20150630052955d6d.jpg

アストランティア マヨール/Astrantia major(キンポウゲ科)

ここからはレイクサイドパス

水辺の植物と浅間フウロの群生のある小道
 フウロ写してないじゃん。。。


fc2blog_20150630053103888.jpg

ユーフォルビア ’ディクスター’/Euphorbia griffithii 'Dixter'(トウダイグサ科)


fc2blog_20150630081847217.jpg

ホスタもしっとり


fc2blog_2015063008195283f.jpg


ノコギリソウヤグルマソウの一種(ミューさんに教えていただきました)もあちこちでゆらゆら


fc2blog_20150630082237e24.jpg


fc2blog_201507021452571dc.jpg


fc2blog_201506301602321db.jpg

アサザが湖を覆う


fc2blog_201506301611490cd.jpg


fc2blog_20150630161501215.jpg

赤い棘が綺麗だと話していた私たちの所に、ラビリンスガーデンでのトークショーが終わった大野耕生さんが背後からやってきてこのバラの説明をしてくださった。小さな白い花を春先に咲かせるそう。ちょうどモッコウバラが咲く頃だそうだ。花びらは4枚と仰っていた。花の名前を失念してしまったが、調べたらロサ・セリケア・プテラカンタのようだ。


fc2blog_201506301607155b7.jpg

フレンチローズガーデン
バラとクレマチスのパーゴラ


fc2blog_20150630160639408.jpg


fc2blog_20150630160757329.jpg

エントランス横のボーダー 
アスチルベがとても綺麗に咲いてた


fc2blog_2015063016085316e.jpg


fc2blog_201506301655479c4.jpg

パーキングに向かう小道の脇にはたくさんのバラが咲き、樹木も風に揺れている


fc2blog_20150630160936fe7.jpg

綺麗に色づいたスモークツリー


軽井沢レイクガーデンのリンクです


もっと見たかった~(≧∇≦)と言う声がでた軽井沢レイクガーデンを後に、軽井沢駅から合流した私達も「庭友」と書いてあるバスに乗り込んで、絵本の森美術館のピクチャレスクガーデンに向かいます。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 美術ブログへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

みかこ

Author:みかこ
小さなベランダで、バラやクレマチス、宿根草などを育てています。
また、好きな絵画と洋裁のお話しも聞いてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (7)
野の花ガーデン (2)
art (3)
ソーイング・ハンドメイド (8)
アボカド観葉植物計画 (1)
ベランダの花 (1)
クリスマスローズ (1)
広見公園 (1)
島田ばらの丘公園 (1)
浜名湖ガーデンパーク (3)
ガーデニングメモ (1)
山野草 (2)
秩父宮記念公園 (0)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
バラ (2)
プリムラ オーリキュラプベスケンス (1)
花旅 オフ会 (9)
安倍奥 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。